屋久島の最奥部を探検 その2

ネマチ

屋久島は森が深く1700mあたりで森林限界となる。

森林限界が今よりもだいぶ低い位置にあれば、キナバル山やヨセミテのようになっていたかもしれないですね。

逆に、森のおかげで屋久島の奥深さを作りあげてはいるのでしょうが(=゚ω゚)ノ

では、ここからは写真だけをみてお楽しみください(笑)

↓  ↓  ↓

ネマチ

小障子

小障子

小障子

障子尾根

障子尾根

障子岳

障子尾根 懸垂下降

障子岳 障子尾根

まるで仙人でも出てきそうな、ところですね(笑)

因みに中国には、仙人が出てきそうな秘境の地:黄山や映画「アバター」の舞台として有名な武陵源(ぶりょうげん)がありますね。

※武陵源は、張家界(ちょうかかい)、天子山(てんしざん)、索渓峪(さくけいよく)、楊家界(ようかかい)の四地域からなり、山峰の平均標高は800mで奇峰の数は3000を超えるようです。

 

秘境レベルでは、屋久島も負けてはいないのかもしれませんねー(^_-)-☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ツアーコース一覧

© 屋久島ガイド島あそび All Rights Reserved.