屋久島の最奥部を探検

障子尾根 ネマチ

閑散期に入り、念願だった屋久島の最奥部へ仲間ガイドと3人で行ってきました♪

現地ガイドとして、他地域のガイドさんに恥ずかしくないように、また個人的にも島のあらゆる場所を知り尽くしたい、むしろ知っておくべきだと思っているので、島内研修も兼ねて3泊4日で探検してきました。

 

まずは暗い時間から鹿之沢小屋をスタートして最奥部を目指しました。

※注:危険なエリアのため一般の登山者はいけません。

 

障子尾根

日の出が上がってきます。

 

ネマチ

露岩した岩がゴロゴロと。

 

障子尾根

まるで亀のような巨岩も。

 

障子尾根 小障子 障子岳

激しく侵食された花崗岩の造形

 

障子尾根 小障子 障子岳

蛇のようにグネグネ曲がった尾根

 

神様のクボ

切れ落ちた深い谷

 

障子尾根 ローソク岩

このように屋久島には凄い世界がたくさん拡がっていますΣ(゚Д゚)

日々、蟻地獄のように好奇心の渦に飲み込まれる私です(笑)

 

続きは、次回に!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ツアーコース一覧

© 屋久島ガイド島あそび All Rights Reserved.