屋久島の昆虫

このページでは、随時屋久島の昆虫たちをご紹介(^_-)-☆

虫はちょっと、、、(;^ω^)

って方にも、楽しんで読んでもらえるようなページにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!(^^)!

 

オバボタル

オバボタル(姥蛍)

屋久島内でも人気のトレッキングコース「白谷雲水峡」で遭遇しました♬

日本には約45種類ものホタルが知られています。

その半分くらいは成虫では光らないようです。こちらのオバボタルも光らない種類です。

しかし幼虫では多くが光り、敵に対する威嚇や警告の意味があるようです。

なので、このオバボタルも幼虫では光るらしいです。

一度光るところを見てみたいですね~♬

北海道~九州、屋久島に分布しているようです。

 

因みにゲンジボタル(屋久島にもいております。)のように成虫で光るのはオスとメスの求愛信号ですよ~。しかも、複数のオスが同調して同時に明滅します。

他に光りを出す昆虫といえば、ニュージーランドの洞窟にいるヒカリキノコバエの幼虫(ツチボタル)が有名です。

光ることで小昆虫をおびき寄せて捕まえます。なんとも恐ろしい、、、(;'∀')

 

ヒシベニボタル

ヒシベニボタル(菱紅蛍)

こちらもホタルと近縁ですが、光りません。

中央の凹み(頭部に近い赤い部分)が菱形であることが由来となっているようです。

本州、四国、九州、屋久島に分布。昼行性です。

 


屋久島ガイド島あそび

ガイドツアーに参加希望の方はこちら!!

 

 

ツアーコース一覧

© 屋久島ガイド島あそび All Rights Reserved.