美しい蛾!?

日本一美しいといわれる蛾「サツマニシキ」

一般的に静止するときに羽を閉じるのが「蝶」。

静止するときに羽を広げるのが「蛾」と言われています。

他にも、昼に活動するのが多い「蝶」に対して、夜行性に多いのが「蛾」だったりするようです。

昼に活動するからこそ「蝶」は華やかな種類が多いのかもしれませんね。

夜だとその華やかさが暗くて見えないですもんね、、、(;´・ω・)

ただし例外もあるようで、コイツはな~んと、華やかなのに静止するときは羽を広げています。

なので「蛾」!というわけです。

日本一美しいといわれる蛾=「サツマニシキ」の素敵な羽を見てみると、なんとも鮮やか過ぎてビックリですねー!!

この羽を使って、昔の人は装飾や芸術として使ったりしたんでしょうか、、、。

気になることが、またひとつ、、、、、。

 


屋久島ガイド島あそび

ガイドツアーに参加希望の方はこちら!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ツアーコース一覧

© 屋久島ガイド島あそび All Rights Reserved.