タブノキ 虫こぶ 冬芽

タブノキの葉の裏にできる虫こぶ(虫えい=フシ)で臼の形をしているので「タブノキハウラウスフシ」と言われます。そのまんまですね(^^♪

※そもそも虫こぶとは、寄生した虫(ダニ、アブラムシ、タマバエの幼虫など)が出す刺激に反応し、植物の一部が異常成長してできるものです。

「タブノキハウラウスフシ」には、タブウスフシタマバエというタマバエの幼虫が住んでいるようです。

タブノキ 虫こぶ 冬芽

葉の中心にある赤いものは、葉と花の両方が中に収まっています。
そのことを混芽(こんが)と言います。
※葉だけの場合は、冬芽(とうが)と言います。


春になるとここから葉と花が伸びて出てくるんですよ~(*´з`)
まさに、自然の神秘ですねぇ~( *´艸`)

ヤクシマチャボゼキショウ

ヤクシマチャボゼキショウ(屋久島矮鶏石菖)

ユリ科

分布:屋久島の固有変種

 

6月上旬に、屋久島の名峰「モッチョム岳」でヤクシマチャボゼキショウが咲いていました(^^♪

こちらの植物、高地の岩場がどうやらお好みのようですが、南部に位置する「モッチョム岳」の植生は少し変わっているので、標高900mくらいの場所でも生息しております(/・ω・)/

 


屋久島ガイド島あそび

ガイドツアーに参加希望の方はこちら!!

 

 

ヒメツルアリドオシ

ヒメツルアリドオシ

屋久島の花

ヒメツルアリドオシ(姫蔓蟻通し)

分布:屋久島、鹿児島県北部のみ

 

じっくり見てみると白い花が2個並んで咲くので可愛いです。

花の先端に毛がフサフサしているのも素敵ですね(^^♪

秋頃になる実は一つだけですが、二つの穴の痕跡がありますのでこれまたじっくりと見てみてくださいねぇ~(*´з`)

苔のあたりを這うように貼りついています。

 


屋久島ガイド島あそび

島あそびガイドツアーに参加希望の方はこちら!!(半日、一日、一泊など選択可能です。)

 

 

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ(銀竜草)

別名:ユウレイタケ

首をもたげた竜のようであることから、この名がついたようです。

そして、葉緑素を持たないため真っ白!( ゚Д゚)

※つまり自分で光合成をせず、ベニタケ類の菌糸から栄養をもらっているようです。

 

はじめて森で見かけたときは、遠目に見て使い捨てのティッシュかと思いました(笑)

 

ギンリョウソウ

下から見上げてみると、、、、。

なんだか少し不気味ですね( ゚Д゚)

でも、ホワイトアスパラにも見えますね、、、(*´з`)

 

ギンリョウソウ

この角度、まるで「目玉の親父」です。

昔の人が想像していた火星人はこんな感じか!?

 

ギンリョウソウ

もっと、近づいてみると、、、、。

さらに不気味ですΣ(゚Д゚)

 

・青い部分は雌しべ

・黄色の部分は雄しべ

 

ギンリョウソウ

だんだんと雄しべが落ちて、子房が膨らんできます。

その後、子房の中から種子が出てきて、

なっ、なんとゴキブリに種を運んでもらうんだとか、、、Σ(゚Д゚)

 

何とも、自然界には不思議がいっぱいですねぇ~((+_+))

 


屋久島ガイド島あそび

島あそびのガイドツアーに参加希望の方はこちら!!(半日、一日、一泊など選択可能です。)

 

 

 

モウセンゴケ

モウセンゴケ

縄文杉コースで出会える食中植物

モウセンゴケ(毛氈苔)=食中植物

写真は葉の一部です。

はじめにゴケという名がついてますが、苔の仲間ではなく種子植物です( ゚Д゚)

※夏に白い花を咲かせますよ~🎵

甘いにおいで虫をおびき寄せて捕食するための粘液(先端に水滴のようになっているもの)がたくさんついてますΣ(゚Д゚)

 

因みにわたしも甘い匂いが大好きです(*´Д`)

どうでもいいですね(笑)

 

モウセンゴケの種類によっては、ホームセンターやネットなどで売っていることもありますよ~(^^♪

 

よければ動画もご覧ください。(閲覧注意!!)

↓ ↓ ↓

モウセンゴケの食虫動画

 

屋久島だと、縄文杉コースや黒味岳・宮之浦岳登山沿いで見かけますよ~!(^^)!

 


屋久島ガイド島あそび

 

一泊二日で行く縄文杉ガイドツアーに参加希望の方はこちら!!

一泊黒味岳星空キャンプツアーに参加希望の方はこちら!!

一泊宮之浦岳キャンプツアーに参加希望の方はこちら!!

 

 

 

ツアーコース一覧

© 屋久島ガイド島あそび All Rights Reserved.