雨 屋久島

こんにちわ!

屋久島ガイドの島あそびです!(^^)!

屋久島に旅行先を考えている皆さん!

屋久島は、「一月に35日も雨が降る」(by 小説『浮雲』 )と言われているのをご存知でしょうか?

「それだけよく雨が降るよ。」という比喩で、住んでいると確かに雨が多い島だなぁ~って感じるんですけど、旅先で雨が降った時に無計画だとどうしたらよいのか悩んでしまいますよね~(゚Д゚;)

そこで雨の日に実際に何が出来るのか、どうすれば屋久島の魅力を楽しめるのかをまとめてみました。

良ければ皆さんの旅行計画の参考にしてみてくださいね(^^♪

また、本ブログ以外にも「縄文杉トレッキング以外のレジャーや観光など」もまとめているので、よければ参考にしてみてくださいね(^^♪

    ↓  ↓  ↓

屋久島の歴史や屋久杉にふれる・学ぶ

宮之浦(みやのうら)港すぐ近くの環境文化村センター

鹿児島県/屋久島環境文化村センター
出典:http://www.pref.kagoshima.jp/shisetsu/kyouiku

屋根が螺旋状になっていて、とても目立つ建物「環境文化村センター」です。

館内には有料観覧コーナーとして、迫力ある大型映像の放映やパネル模型などを駆使した展示により,屋久島の自然や文化などに関する情報を分かりやすく紹介しています。

また、海から山頂までの自然の変化を通路を通りながら体感できる工夫がなされています。

無料で解説してくれるアテンダントが常駐しているので、お願いするととても良く屋久島の事がわかりますよ!

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦823-1
開館時間:9:00~17:00(展示ホールへの入場は16:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日。4/29~5/5、7/20~8/31は開館)、年末年始(12/28~1/1)
観覧料:大人530円、高校・大学生370円、小・中学生270円、幼児無料(6才未満)(2020年8月現在)
電話:0997-42-2900
ホームページ:https://www.yakushima.or.jp/static/village.php

「Googleマップでみる」

 

安房(あんぼう)の山手にある屋久杉自然館

出典:https://www.kagobura.net/

縄文杉登山口へ向かうシャトルバス乗り場の近くにある「屋久杉自然館」は、屋久島と屋久杉を知る博物館。

床には手のひらサイズの正方形の木がはめ込まれていて、足の感覚でも楽しめる博物館です(^^)/。

館内に入ると、2005年に積雪で折れてしまった縄文杉の巨大な枝が展示されています。

これは「いのちの枝」として親しまれ、この枝の太さに縄文杉の壮大さを感じる事が出来るようになっています。

タッチペンでの音声ガイダンスがあり、グループや団体には予約すれば館内のガイドをスタッフの方に頼む事が出来ます。(無料)

縄文杉や屋久島に関する豊富な情報に、島の人もちょこちょこ遊びに来ています。

悪天候や体調不良で縄文杉トレッキングに行けなかった人も、縄文杉のスケールの大きさを肌で感じる事が出来るのではないでしょうか?

鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2739-343
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:第1火曜(5月、8月は開館)、年末年始(12/29~1/1)
入館料:大人600円、高校・大学生400円、小・中学生300円(2020年8月現在)
電話:0997-46-3113
ホームページ:www.yakusugi-museum.com/

「Googleマップでみる」

少しの雨くらいなら全く問題なくトレッキングできる!

白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)

太鼓岩 白谷雲水峡 苔むす森

山に登る時、気になるのがやっぱり天候ですよね。

できれば晴れに越したことは無いけれど、前述でも述べたように屋久島は一月に35日雨が降ると言われるくらい天気の移り変わりが激しい場所です(;^ω^)。

少しの雨くらいなら逆に森や苔を美しく演出してくれます!!

白谷雲水峡には、アニメ映画「もののけ姫」の着想になった「苔むす森」と呼ばれているところがあり、この場所と雨は相性が良くて、雨粒を含んだ苔がさらに神秘的な雰囲気にしてくれます。

ちなみに、雨が降っていてもいなくても白谷雲水峡は足元が滑りやすいので気を付けて下さい。

上記に記載したことを考慮して、登山靴、雨具、ザックカバー(ザックの中も防水対策を)は必ず準備しましょう!

また、悪天候や大雨によっては増水のためコース制限があるので、下記ホームページの「お知らせ・最新情報」で確認してくださいね。

屋久島レクリエーションの森

「自分たちだけだと不安だなぁ。」という方や、屋久島のさまざまな話を聞きたい&知りたい方は、ガイドツアーに参加する事をおすすめします。

また、ガイドツアーだと天候に応じて柔軟に対応してもらえることもあるので安心ですよ。

もし、ツアーに興味のある方は下記サイトもご覧になってくださいね。

「Googleマップでみる」

ヤクスギランド

ヤクスギランドは歩道が整備されているコースがあり、雨の日でも迷うことなく歩けるのがおすすめの理由の一つ。

ただ、滑りやすい所もあるので十分に注意してください。

30分、50分コースは歩道が整備されているので、初心者の方にも安心です。

80分、150分、天文の森コースは登山道であまり整備されていないので、地図を見ながら時間にゆとりをもって、気をつけて進んで下さいね。

※道がわからない場合には、無理に進まず必ず引き返してください。

その他、「大和杉」(花之江河方面)、「太忠岳(天柱石)」などの登山者向けコースなどもあります。

※大和杉や太忠岳については初心者向けではありませんので、ご注意ください。

様々な姿で立ち並ぶ巨木(ヤクスギ、モミ、ツガなど)は見飽きることなく楽しめ、雨の日は特に霧が立ちこめやすいのでとても幻想的なトレッキングを味わう事が出来ます。

ヤクスギランドも悪天候や大雨によっては入場制限があるので、下記ホームページの「お知らせ・最新情報」で確認してくださいね。

屋久島レクリエーションの森

「Googleマップでみる」

雨の日だからこそ、ガイドにおまかせ!秘境ツアー!!

穴場巡り 秘境 矢筈嶽神社

屋久島ガイド 島あそびでは、雨の日でもできるオリジナルのツアーがあります。

それは、ガイドブックにはあまり載っていないスポットを案内する「ガイドにおまかせ!秘境ツアー」です。

お客様の体力や体調に合わせてガイドが安心・安全に秘境スポットへご案内致します!

雨の日でも楽しめるSUP・カヤック・シュノーケリングツアー!

スタンドアップパドルボード 安房川

雨の日のSUP・カヤックはいつもと少し雰囲気が違います。

標高が高い奥岳から続いている渓谷を神秘的にしてくれる霧。

まるで水墨画のような景色に見惚れてしまうこともしばしば( *´艸`)

また、雨の匂い、雨粒を肌で受けとめたりと日常とは違った雨との接し方が楽しめます。

島あそびツアーだと、気温が低い時期にはウエットスーツを着用してツアーに参加もできます!

シュノーケル ガイドツアー ウミガメ

シュノーケリングツアーは雨が降っていても水面下は影響が少ないので、海の中をしっかりと楽しむ事が出来ます。

雨の日でも楽しめるのが屋久島の魅力の一つでもあるので、思い切ってアウトドアのツアーに参加してみてもいいかもしれませんね。

雨の日に、自分だけのオリジナルを作って楽しむ体験ツアー

予約無しですぐに体験!屋久杉磨きができる「YAKUSHIMA BLESS」

出典:https://manmaru-yakushima.com/

屋久島の素材を用いたオリジナル商品を展開するショップ「YAKUSHIMA BLESS(ヤクシマ・ブレス)」が、安房のお土産屋さん「 武田館」のとなりにオープンしました!

樹齢1000年以上の屋久杉から自分好みのものを選んで、自分の手でみがくワークショップが予約無しで随時受付中!

木片の形、大きさによって2700円(税込)~4860円(税込)で出来ます。

営業時間内は自分の気のすむまで何時間磨いても良いそうなので納得行くまで磨けます(^^)/。

そして屋久島の自然をリアルに感じるVR(バーチャル・ リアリティ、仮想現実)体験もでき、僕も体験させて頂きましたが実際に山歩きをしているような錯覚を起こしそうになりました(;^ω^)。

利用料金は1000円ととってもリーズナブル。

英語のガイダンスもあるので、外国人の方も楽しめます。

またVRなら、全く体力に自信のないご年配の方でも、歩かずに数分で縄文杉に会うことができますよ(笑)

天候不良で予定変更になってしまったり、隙間時間に立ち寄ってみるのは如何でしょうか?

バス亭「合庁前」から徒歩2分 安房港から車で2分・徒歩10分程度
営業時間 9:00~17:00  定休日 日曜日
電話番号 0997-46-2899
ホームページ https://www.yakusugi-takeda.com/?mode=f4

「Googleマップでみる」

コーヒー焙煎とピュアチョコレートを作れる「やくしまロースター」

出典:http://yakushimapain2.seesaa.net/article/467875078.html

2019年の7月に屋久島の平野区の県道沿いにできたお店「やくしまロースター」。

「きれいな空気、水、大自然を感じる屋久島だからこそ、足さずに、引かずに、シンプルに。」

店主の屋久島大好きの思いが溢れた素敵なお店です。

コーヒー豆からコーヒーを。

カカオ豆からチョコレートを作る素敵なワークショップをされています。

ワークショップは、前日の夜19時まで受け付け可能です(要予約)。

時間は約2時間で、大人3000円、高校生以下2000円で体験できます。

一組4名までで、10時~、13時~、16時~の1日3部制です。

屋久島でしか味わえない「やくしまロースター」さんの味を、この機会に味わってみるのもいいかもしれませんね(^^)/。

鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2670番地16
電話番号 0997‐46‐3377
ホームページ https://www.yakushimaroaster.com/

「Googleマップでみる」

予約無し!屋久島のお水と香りで作るアロマスプレー「やわら香」

出典:http://yawaraca.jp/

屋久島の空港から車で約10分ほどの場所に少し珍しいお店があります。

香りの抽出工房「やわら香」さんです。

屋久島の香りをテーマにしたお店「やわら香」では、屋久島の精油で自分だけのアロマスプレーを作る事が出来ます。

予約無しですぐに体験できるのが嬉しい所(^^)。

所要時間5~10分、一本1200円です。

もう一つ、要予約ですが「屋久島の杉で染める手ぬぐい作り」体験もされているので興味のある方は是非お問い合わせしてみて下さいね。

屋久杉の香りにつられてふらっと立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。

鹿児島県熊毛郡屋久島町楠川1471-5
屋久島空港・宮之浦港より車で約10分
バス「下牧野」停より徒歩1分
電話番号 0997‐42‐0109
ホームページ http://yawaraca.jp/

「Googleマップでみる」

土にふれ、屋久島の碧(あお)を作る陶芸体験「新八野窯(しんぱちのかま)」

出典:マップルトラベルガイド

屋久島の南部、平内地区にひっそりと居を構える陶芸工房、それが「新八野窯」です。

原生の森、珊瑚礁の海、この豊かな島の風景を現したいという店主の思いから、「屋久島の碧(あお)」を連想させる器が出来上がりました。

出典:https://yakushima-time.com/1388/

実は我が家にも、何枚かこの屋久島の碧の器があります。

お料理も映えるし、食卓が華やかになるので妻のお気に入り(^^♪。

陶芸体験は、手びねり 2000円 (750gの粘土でお一人4点まで制作することができます)。

ろくろ 2500円 (2kgの粘土で、制作した作品の中から2点焼成することができます)。

作品の色は当工房オリジナルの15種類の釉薬から選べます。

作品が焼き上がるまで一ヶ月から二ヶ月ほどかかり、送料が別途必要となります。

開始時間15時から18時30分まで。

(時間は変更出来る場合もあるみたいなので確認してみて下さい。)

前日までに電話で要予約です。

鹿児島県熊毛郡屋久島町平内630−4
西開墾バス停を50m上った所
電話番号 0997‐47‐2624
ホームページ https://yakushimayaki.com/

「Googleマップでみる」

仙人さんの箸づくり体験「杉の舎(すぎのや)」

出典:屋久島マルシェ

屋久島空港から徒歩1分の所にある、立派な店構えの屋久杉工芸のお店「杉の舎」。

千年生きた屋久杉を選んで、削って、香りにもふれながら五感で作っていく箸づくり。

自分だけの屋久杉の箸を持ちかえって、見るたびに屋久島を思い出すお土産だなんて素敵ですよね(^_-)-☆。

出典:http://sen-no-ie.sakura.ne.jp/suginoya.html

時間:9:00~/14:30~ の二部制で、料金は1,100円~となっています。

(材料代のみ現地でお支払いです。)

体験は要予約です。

鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田(屋久島空港前)
屋久島空港から徒歩1分
Email: suginoya@aqua.nifty.jp
電話番号 0997‐43‐5441(空港前)
     0997‐42‐1006(宮之浦 仙の家)
ホームページ https://suginoyas.com/

「Googleマップでみる」

まとめ

今回は、「雨の日でも屋久島の魅力を楽しめる方法!」をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

この他にも、観光地、温泉めぐりや神社めぐり、まったりできるカフェも屋久島にはたくさんあるので、自分だけのお気に入りを是非見つけてみてくださいね!

また、下記サイトでも屋久島の色々なツアーを紹介しているのでご興味のある方は是非ご覧下さい(^_-)-☆。

はじめに

この記事の内容は、あくまで「島あそび」独自の考えと防止対策方法となります。

また、新型コロナウイルス感染症の状況により、防止対策については随時更新していきますので、宜しくお願い致します。

はじめに、新型コロナウイルス感染症に対する対策については、各事業者さんやガイドさんによってさまざまだと思います。

しかし、それぞれのやり方で精一杯に観光客をお迎えすることについては一切変わりないと思います。

ですので、ツアーに参加される方もまずは新型コロナウイルス感染症の防止対策を心掛け、そして名一杯、ツアーを楽しむことを心がけてくださいね。

それでは、「島あそび」のツアーにおける新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策についてご覧ください。

三密回避ニーズに応えるため、できるだけ三密回避ツアーに努めます

一泊二日、二泊三日のツアーをしばらく控えます

もうしばらく様子を見ようかと考えています。

コロナウイルス感染症の状況次第では復活するかもしれませんが、、。

その時はまたご連絡致します。

ツアー当日の対策

ツアー前

マスク着用(ガイド・ツアー参加ゲスト共に)

※マスクの代わりにバンダナやバフの着用でもO.K.

※ツアー体験前の合流時、お手洗い時には着用していただきます。

幼児に関して
2歳未満のこどもに関しては、窒息のリスクがあるためマスク着用の必要はありません。
また、2歳以上で5歳未満のこどもに関してはマスクの着用は強制しません。

ハンドジェルでの手指アルコール消毒の実施(ガイド・ツアー参加ゲスト共に)

非接触型・体温計での検温の実施(ガイド・ツアー参加ゲスト共に)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社では「37.5度以上の熱がある」「咽頭痛」「頭痛」「咳」「味・匂いの異常」「だるさ・息切れ」のある方は、場合によりツアーに参加することができません。

くれぐれも事前の体調管理にお気をつけください!

また、通常の健康チェックに加え、新型コロナウイルス感染症対策のための確認事項チェック(サインと記録)の実施をさせていただきます。

↓  ↓  ↓

新型コロナウイルス感染症対策のための確認事項(Wordファイル)
※実際にツアー当日にご署名いただく確認事項です。
ご心配な方は事前に目を通しておいてください。

ガイド車への乗車時にもマスク着用・アルコール等による手指消毒などの感染防止対策のご協力をお願いいたします。
(もちろんガイドもマスクを着用させていただきます。)

また、車内には運転席と運転席以外との間に仕切りシートも設置させていただいております。

さらに、換気のため窓を開けさせていただく場合もございますので宜しくお願い致します。

※ツアー前・ツアー後に喫煙されるツアー参加者がいらっしゃいましたら、他の方との社会的距離を意識しての喫煙を宜しくお願い致します。

尚、喫煙場所は指定された場所でお願い致します。

ツアー体験中

マスク着用(主にガイド)

ツアー体験中の場合は、他の登山者とのすれ違い時や、「登山口・お手洗い・休憩時など」で混雑している場所や密室場所ではマスク着用をオススメします。
(登山・トレッキングツアーの場合)

水系ツアー体験中の場合は、窒息などの危険性があるためマスクは着用しないでください。(カヤック、SUP、沢登りツアーなどの場合)

ツアー後

マスク着用(ガイド・ツアー参加ゲスト共に)

車内の消毒、およびレンタル装備品の洗浄・消毒の実施

緊急時の対応について

万が一、体験中に気分が悪くなった場合や緊急時には、ガイドはマスクと手袋をした状態で接触して対処することがありますので、何卒ご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。

屋久島での新型コロナ感染症お役立ち情報 ~外部リンク~

屋久島徳洲会病院(総合病院)

帰国者・接触者相談センター(屋久島保健所)

屋久島観光協会(観光相談)

新型コロナウィルス感染症特設ページ(屋久島町)

新型コロナウイルス接触確認アプリ

まとめ

以上、「屋久島ガイド島あそび」の新型コロナウイルス感染症対策をまとめてみました。

今後も新型コロナウイルス感染症対策をうまく講じながら、コロナに負けずに日々の生活や、癒し、旅行体験をみんなで少しずつ取り戻して行きましょうー!

まずは、皆さんの前向きな気持ちと行動が大切ですよー!!

こんにちわ!

友人から「屋久島のおすすめや穴場の民宿を教えて欲しい」と相談を受けた屋久島ガイド 島あそびです。

旅行を計画すると行程を調べたりガイドツアーや宿泊施設の予約をしたりと大変ですよね(;^ω^)。

そこで、僕がお客様から聞いたり調べたりした、おすすめの民宿の情報をまとめてみました。

良ければ皆さんの旅の参考にしてみて下さいね。

縄文杉・宮之浦岳・黒味岳・ヤクスギランド・太忠岳等の登山がメインの人は安房地区の宿泊が便利って本当?

屋久島おすすめ民宿安房

安房(あんぼう)地区の山手にある屋久杉自然館バス停から荒川登山口(縄文杉トレッキングの登山口)まではシャトルバスで山道を約35分。

縄文杉登山を目指すなら早朝5時くらいから朝6時までのバスに乗らなくてはいけないので、ぎりぎりまで睡眠時間を確保した方がトレッキング時の体調にもやさしいですよね。

「朝の5分は貴重!」
「下山後できるだけ早くお風呂に入りたい!」(byリピーターさん)

他にも、安房の町からヤクスギランド登山口(太忠岳の登山口もこちら)は山道をバスや車で約30分、淀川登山口(黒味岳、宮之浦岳の登山口)は山道を車で約60分登った位置にあります。


出典:http://yakushima-tozan.com/bus/

はじめて屋久島を訪れた方がよく口にする言葉、、、。

「こんなに広い島だとは思わなかった!」です。

屋久島は周囲約132キロもある島で、東京23区と同じくらいの面積があると言われていますよ。

例えば次の日が縄文杉登山で宮之浦地区の宿に泊まった場合、片道約30分損してる⁉

宮之浦から安房(屋久杉自然館:路線バスが出発する場所)まで片道約30分、往復で一時間の移動時間がかかります。

安房の宿に泊まったら、屋久杉自然館まではだいたい片道5分~10分ですね。

なので縄文杉のトレッキングや宮之浦岳登山などを考えている方には、「安房」泊が最も時間的にゆとりがあります。

逆もまたしかり!次の日が白谷雲水峡トレッキングで安房の宿に泊まった場合、片道約30分損してる事に…

そうなのです。

白谷雲水峡トレッキングなら「宮之浦」の宿がおすすめです。

※因みに白谷雲水峡の登山口は、Aコープ宮之浦店から山道を車で約25分程です。

 

ただ、白谷雲水峡トレッキングコースは縄文杉登山に比べて早朝出発ではない場合が多いので、そこまで移動時間を気にする必要も無いようにも思います。

※しかし、昼過ぎの高速船で早めに離島する方は気にしておいて下さいね。(;^ω^)

Aコープ宮之浦店は午前9時からオープンしてますので、時間のある方は寄ってみてもいいかもしれません。

屋久島の中では品数の多いスーパーなので(^^)/。

Aコープ 宮之浦店 - 熊毛郡 - 屋久島町, 鹿児島県
出典:https://tr.foursquare.com/

Googleマップ Aコープ宮之浦店

安房のおすすめ民宿

HOTEL オーベルジュ ~魚が旨い!料理自慢の宿~

ホテル オーベルジュ - 宿泊予約は【Yahoo!トラベル】魚が旨い!料理自慢の宿 ホテル オーベルジュ<屋久島> 宿泊予約 ...
出典:https://travel.rakuten.co.jp/

建物は年数なりに少々の傷みはありますが、館内は清潔でアナログ感と立地がいい「ホテル オーベルジュ」!

「安房港」を見下ろす高台に建ち、レンタカー、買い物、外食に便利です。

客室は全部で10室、ツイン・ダブル・セミダブル・和室・ファミリールームの5パターンで、友人同士・ご夫婦・カップル・一人旅・家族旅行など、気軽に泊まれるホテルです。

お風呂は各部屋にユニットバス完備、島の温泉施設に入りたい方は、スタッフに聞けば教えてくれるそうです。

そしてなんと言っても料理がおいしい!

泊まったお客さんが皆言ってるので僕も食べてみたいです(笑)。

〒891-4311鹿児島県熊毛郡屋久町安房410-165
TEL 0997-46-2344 FAX.0997-46-3180
安房バス停から徒歩10分 / 安房港から徒歩2分
屋久島空港から車で約15分
宮之浦港から約30分
バス停「合庁前」から徒歩で約7分
ホームページ http://furusato-yakushima.com/

Googleマップ HOTEL オーベルジュ

屋久島 民宿ひまわり

屋久島 民宿 ひまわり <屋久島> 宿泊予約【楽天トラベル】
出典:https://travel.rakuten.co.jp/

安房にある屋久島 民宿ひまわりは、屋久杉自然館にも近く観光スポットへの移動にも大変便利な立地です。

自宅をそのまま民宿にしているのでトイレ・お風呂・洗面所等は一つです。
ただ、多少の不便の分は低料金にてご案内されています。

設備品に関しては無料で利用でき、また屋久島の魚介類や自家農園の野菜・鹿児島の特産物を豊富に使った家庭料理は、田舎の親戚の家に来たような感じです(^^)/。

屋久島名産の飛び魚料理・首折れサバのお刺身・生さば(燻製)・カメノテ・屋久島黒豚料理・鹿児島の黒酢などの食材をふんだんに使ったヘルシーフードで、毎日献立が変わるようですよ!

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2402-296
TEL 0997-46-2140 FAX.0997-46-2140
安房港より車で5分
宮之浦港より車で30分
空港より車で15分
春田バス停より徒歩3分

Googleマップ 屋久島 民宿 ひまわり

素泊まり民宿ハートランドハウス

屋久島おすすめ民宿安房 HEARTLAND HOUSE - Female Only & Couple Only|クチコミあり - 屋久島
出典:https://www.agoda.com/ :https://www.orion-tour.co.jp/

「女性でも安心して泊まれる宿」というコンセプトで、残念ながら男性のみでは泊まれませんが、女性だけのグループはもちろんのことカップルやご家族のように、女性を含むグループなら問題無く泊まれます。

アメニティは女性のための気配りに満ちていて、客室にクレンジングやヘアゴムなども用意されています。

お風呂も客室もとても綺麗に掃除されていて、館内にはオシャレなカウンターもあり、コーヒーサービスや軽くお酒を楽しむこともできます。

スーパーマーケットまでは歩いて30分ほどと、そこそこの距離ですが、車なら10分かからない程度です。

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1150-79
TEL 090-8837-8940
安房港から約5分
屋久島空港から車で約15分
宮之浦港から約30分
バス停「合庁前」から徒歩で約7分
ホームページ http://www.heartland-house.net/

Googleマップ 素泊まり民宿ハートランドハウス

屋久島 民宿すぎのこ

屋久島おすすめ民宿安房
出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/153141/153141.html

こちらの民宿は2016年4月にリニューアルオープンされたこともあり、内装がとても綺麗です。

そして2020年より、感じのよいオーナーさんが新たに経営されています。

また、「交流」「シェア」をコンセプトに、屋久島旅行される方の滞在先として、長期滞在のシェアハウスとして運営されています。

より快適な空間を提供するため、共有スペースはプロのデザイナーによる改装を実施し、おしゃれな空間に生まれ変わりました。

「民宿すぎのこ」の特徴として、縄文杉登山口へのアクセスが便利な立地、最寄りのバス停「磯辺」から徒歩約2分。

全部屋バストイレ完備されプライベート空間を確保され、他のゲストと交流できるこだわりの共有スペースが有ります。

近所にスーパーマーケット「田中屋」、大人気の食事処「いその香り」、早朝弁当の注文も可能です

住所〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房825-23
​tel:0997-46-3633
e-mail:yakushima.suginoko@gmail.com
車で屋久島空港より10分、安房港より3分、宮之浦港より30分
バスは「磯辺」バス停でご降車下さい。
ホームページ http://www.yakushima-suginoko.com/

Googleマップ 屋久島 民宿 すぎのこ

屋久島 旅人の宿まんまる

屋久島おすすめ民宿安房

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/128294/128294.html

2012年にリニューアルされ、館内が綺麗になり、客室は全室トイレと洗面所付きでWi-Fiも利用可能です。

そして、太平洋を見渡す展望風呂が2018年リニューアル完了!

フロアデッキも2019年リフォーム完了!

どんどんとレベルアップしています。

また、新鮮で安全な屋久島の食材を使い、全12品の懐石スタイルが2007年度に地産地消推進店に認定されました。

男女交代制の展望風呂から眺める海はとてもきれいで、これ以外にもシャワールームがあり、お風呂が混んでいる時でも汗を流せます。

スーパーマーケットも近くにあるのでとても便利です。

住所 〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房540-19
TEL 0997-49-7107
安房港から徒歩で約10分
バス停「合庁前」から徒歩で約10分
ホームページ https://manmaru-yakushima.com/

Googleマップ 屋久島 旅人の宿 まんまる

ecohotel SORA(エコホテル ソラ)

屋久島おすすめ民宿安房

出典:http://www.ecosora.sakura.ne.jp/

まだ新しく綺麗なホテルですが、素泊まりの宿のため食事は近くのスーパー「田中屋」で買ったり、食事処「いその香り」に食べに行くことができます。

「バストイレ付の個室で休みたい」というゲストにとっては、とてもコストパフォーマンスが良い所。

お風呂はユニットバスですが、隣接する「屋久島グリーンホテル」の浴場も利用可能です。

レンタカーが近くで借りられ、バス停もすぐそばと、交通の利便はいいです。

また、歩いてお土産屋さんまで行けちゃうのも嬉しいところです。

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房788-115
TEL 0997-46-3034
安房港から車で約3分
屋久島空港から車で約10分
宮之浦港から車で約30分
バス停「中央」から徒歩で約1分
ホームページ https://www.ecohotel-sora.com/

Googleマップ eco hotel SORA

屋久島グリーンホテル

屋久島グリーンホテル(鹿児島県/屋久島(安房))の施設情報【日本旅行】
出典:https://www.nta.co.jp/

屋久島グリーンホテルは、シングルルームを除く客室はオーシャンビューで、天気が良ければ朝日を拝むことが出来るのも人気の一つ。

縄文杉・ヤクスギランドへの登山口にもアクセスが良く、登山や観光の拠点としても便利。

さらに、地元素材を生かした料理にお腹も心もみたされます。

また、大浴場と岩盤浴が楽しめるのも女性に人気の理由です。

日帰り入浴も可能ですよ。

湯処 :時間制限なし、600円(税別)
岩盤浴:1回70分、1,600円(税別)

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房788-110
TEL:0997-46-3021
安房港から車で約3分
屋久島空港から車で約10分
宮之浦港から車で約30分
バス停「中央」から徒歩で約1分
ホームページ https://www.yakushima-gh.com/

Googleマップ 屋久島グリーンホテル

空港近くのおすすめ民宿

飛行機を使っての島入りや離島される日は空港近くもおすすめなので、こちらも何件かご紹介します。

民宿プコチュ 屋久島 2019年に閉店

僕も大好きだった、ランチもできるプコチュが2019年をもって閉店しました。
本当に残念です。( ;∀;)

屋久島 ペンション苺一笑(いちごいちえ)

屋久島おすすめ民宿安房

出典:http://www7a.biglobe.ne.jp/~ichigoichie/

空港から数分の場所にあり、行きや帰りに飛行機を使う場合にとても便利です。
(※安房地区にある「民宿一期一会」とは別の宿です)。

庭を見渡せるテラスをはじめ、全体に木のぬくもりが感じられてアットホームな雰囲気なので、ゆっくり落ち着けます。

全室洗面台・トイレ付きで、一部の部屋にはバスもあり、共用のバスルームも二つあります。

さらに近くの「縄文の宿 まんてん」の日帰り温泉割引券もいただけます。

料理は出来立てを食べられるよう、一皿ずつ運ばれる料理は手が込んでいて評判がいいです。

連泊しても同じ料理が出ないメニューの豊富さも人気の一つです。

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田832-22
TEL 0997-49-4150
屋久島空港から徒歩で約5分
宮之浦港から車で約15分
安房港から車で約15分
ホームページ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ichigoichie/

Googleマップ ペンション 苺一笑

鹿鳴庵 ~余暇を楽しむ1日3組限定の宿~

余暇を楽しむ1日3組限定の宿 鹿鳴庵 - 宿泊予約は【じゃらんnet】余暇を楽しむ1日3組限定の宿 鹿鳴庵 - 宿泊予約は【じゃらんnet】
出典:https://www.jalan.net/

木の香り漂う館内。

日曜大工が大好きなご主人が、親戚や家族宅に来たような気負わない空間を考えました。

客室は8畳の和室が3室でバスとトイレは共同です。

テレビ・エアコン・空気清浄機は各部屋に完備されてます。

浴室もこだわり満載!

昔ながらの薪炊き風呂で、お客さんが到着される前からお風呂のご用意をしているのだとか。

貸切制で入浴でき、普段より少し大きめのお風呂が登山等の疲れを癒してくれます。

さらに電気を消せば、夜は満天の星を見ながら入浴ができるそうです。

また、ベランダに通じる大きな窓からは天気の良い日には森の向こうに太平洋が見え、木々や花・鳥など自然を感じる開放的で木のぬくもりあふれる場で、ゆったりお食事が出来ます。

〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田835-272
TEL・FAX:0997-49-4225
屋久島空港より車で約5分(徒歩約15分)
宮之浦港・安房港より車で約15分
ホームページ http://yakushima-rokumeian.jp/

Googleマップ 鹿鳴庵

宮之浦のおすすめ民宿

屋久島の玄関口:宮之浦(白谷雲水峡登山をされる方)に泊まりたい方は、こちらがおすすめです。

素泊まり民宿 ふれんど

屋久島おすすめ民宿安房

出典:https://www.booking.com/hotel/jp/sudomari-minshuku-friend.ja.html

女性の一人旅の方も気軽に「ただいま」といえるような、アットホームな心休まる安心できる素泊まり民宿です。

宮之浦港より徒歩10分、屋久島空港より車で約15分の街の中心に在している事で、バス停「宮之浦」も目の前で、白谷雲水峡行き等のバスも発着していて利便性がいいです。

また徒歩圏内に飲食店が点在しているので、食事にも困りません。

全館wifi(無料)、バス・トイレは共同です。

宿泊している旅人同士の交流も盛んなので、屋久島のさまざまな情報が手に入るかもしれませんよ!

〒891-4205鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦186-2
TEL 0997-42-0891
FAX 0997-42-2886
宮之浦港より徒歩にて約10分
ホームページ http://www.fk-yakushima.jp/

Googleマップ 素泊民宿 ふれんど

やくすぎ荘

屋久島おすすめ民宿安房

出典:https://rurubu.travel/A11/46/4606/460604/4650502/8631301/detail.html

踏み込まれすぎるのが苦手で、ゆっくりと過ごしたい方におすすめのお宿です。

客室は綺麗で冷暖房完備なのでとても快適です。

3人ぐらいまでは入れる広さのお風呂(24時間入浴可能)があります。

宮之浦の中心辺りにあるため、食事や買い物、バスでの移動など、多くの点で利便がいいです。

〒891-4205 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2373-2
TEL 0997-42-0023
宮之浦港から車で約5分
屋久島空港から車で約16分
安房港から車で約28分
宮之浦港と屋久島空港への送迎あり
ホームページ http://yakusugisou.com/

Googleマップ やくすぎ荘

杜の宿 羽神の郷 (もりのやど はがみのさと)

屋久島おすすめ民宿安房

出典:http://www.hagaminosato.com/

全てが地杉で建てられているので、木に包みこまれている安心感にほっこりします。

お風呂場は二ケ所、岩風呂で、それぞれプライベート感がありゆっくりできます。

食事棟には冷蔵庫、食器、調理器具も揃っていて自炊が可能です。

港到着時や外食に出かける際は女将が車で送迎して下さいます。(要確認)

設備は、全室水洗トイレ・洗面所・テレビ・クーラー・小型冷蔵庫が設置されてます。

アメニティは歯ブラシ、タオル・バスタオル等がありますが、寝巻きは無いのでパジャマの用意が必要です。

食事棟(自炊棟・たまり場)には、炊事場、食器、テーブル・椅子、電子レンジ、炊飯器、トースター等一式完備され、DVD(屋久島・ヒマラヤの山岳・渓谷など)を鑑賞することが出来ます。

Wi-Fiは、食事棟及び母屋にあるライブラリー周辺などで利用できます。

〒 891-4205 屋久島町 宮之浦 2204-6
TEL  0997(42)2282
Fax 0997(42)2282
ホームページ http://www.hagaminosato.com

Googleマップ 杜の宿 羽神の郷

屋久島南東部のおすすめ民宿

屋久島の南東部から南にかけては1年を通して気候が良く、時間もゆっくり流れています。

朝をゆっくり過ごしたい方は、こういった所に泊まるのもいいですね。

Cottage Davis(コテージ デイビス)

Cottage Davis Yakushima Concept コテージデイビス【 2020年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 ...

出典:https://www.cottagedavisyakushima.com/

2018年の夏DAVISは20周年を迎え、2019年にこれまでのB&Bから自炊設備の貸別荘へと宿泊施設のスタイルを変えました!

新しいコテージで少しでも長く滞在して頂けるよう、自然の恵溢れる島の日常も体験欲しいというのが新しいDAVISのコンセプト。

近くには採れたて野菜が並ぶ無人市や漁師さんの営む魚屋、昔ながらの商店もあり、島の食材を使った食卓は作り手の気持ちも楽しませてくれること間違いなし!

ランチ、デイナーは母家のカフエもご利用いただけますし、小分けの食材や調味料は有料にて購入できます。

屋久島に来る前は、東京でレストランを開いていたデイビス夫妻。

この母屋のごはんがとても美味しいと皆リピートしています。

奥さんは日本人なので、英語が話せなくても不都合はありません。

宿のある麦生集落は尾之間よりも安房港に近く、レンタカーを使えばトレッキングに行くのも、港から宿へ行くのにも利便はいいので好条件の一つです。

〒891-4401 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生511-4
TEL 0997-47-3636
屋久島空港から車で約20分
バス停「ホトー川」から徒歩で約5分
屋久島空港と安房港への送迎あり(要・相談)
ホームページ https://www.cottagedavisyakushima.com/

Googleマップ Cottage Davis(コテージ デイビス)

風の散歩道

屋久島おすすめ民宿安房

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/108604/108604_std.html

客室は3室だけですが、その分宿泊客一人ひとりに手厚いサービスが受けられます。

寝心地の良いベッドや、全室にネットの使えるノートパソコンが置いてあるなど、旅の経験が豊富なオーナーによる旅人への細かな配慮がうれしいお宿です。

充分な量のある食事は、地元の素材を使った物から一般的な物まで幅広く食べられます。

宿は宮之浦や安房から離れた静かな原集落にあります。

バス停はすぐそばにありますが、レンタカーを利用した方が行動しやすいでしょう。

〒891-4403 屋久島町原17
TEL 0997-47-2520
安房港からバスで約20分(11km)
屋久島空港からバスで約30分(22km)
宮之浦港からバスで約50分(35km)
バス停「原」から徒歩で約1分
送迎は早朝(安房07:00発の高速船)のみ
ホームページ http://www.sky.hi-ho.ne.jp/happycafe/

Googleマップ 風の散歩道

まとめ

屋久島おすすめ民宿安房

さて、今回は友人から「屋久島のおすすめや穴場の民宿を教えて欲しい」と相談を受けて、私自身がお客様から聞いたり調べたりした、おすすめの民宿の情報をまとめてみました。

屋久島は世界自然遺産に登録されてから次々に色々な民宿が増えてきてます。

なので、島内には今回ご紹介できなかった素敵な民宿や宿泊施設がまだまだ沢山あります!!

※因みに路線バスで行動をお考えの方、時間帯によっては一時間に一本しかない場合もありますので、円滑に旅を進めるのなら個人的にはレンタカーを借りることをおすすめします。

また、繁忙期ではレンタカーだけでなく、宿泊施設、ガイドツアーなどの予約が取れないことが多いので、早めの予約をおすすめします。

貴重な屋久島の旅で、ゆったり過ごすための宿をしっかりと探してみてくださいね。

それでは、皆さんの旅の手助けになれば幸いです!!

おすすめカヤック 安房川

こんにちわ。

屋久島在住の現地ガイド「島あそび」です。

今回は皆さんに、屋久島の川の楽しみ方を知ってもらうために、おすすめのリバーカヤックツアーのご紹介をしようと思います。

まずはじめに、屋久島には豊かな川や沢が本流だけで約140本も流れていると言われています。

しかし、ほとんどの川は浅く、水量が少なかったり流れが強かったりもあって、僅か3本だけ(安房川・宮之浦川・栗生川)でリバーカヤックを楽しむことが可能です。

そして、リバーカヤックをおすすめするには理由があります。

では、そんな理由も踏まえて屋久島の川の事に触れていきますので、どうぞ最後までご覧ください。

リバーカヤックをおすすめする理由とは?

屋久島おすすめカヌーカヤック

第1に、安全面が言えるでしょう。

屋久島でリバーカヤックができる場所は、地形的に非常に安全です。

両サイドがしっかりと森などで覆われているため、島全体が強風でも風向きによっては漕いで遊ぶエリアにほとんど風が当たらないことが多々あります。

また天候が多少悪いときでも、意外なことに川幅が広いため増水しにくいです。

それらのこともあって、水面が湖のように穏やかなことが多いです。

そのため、ツアーの開催できる確率がとても高いです。

また、幅広い年齢層の方が気軽に安全にツアーに参加することができます。

※ツアー開催の有無に関しては各ガイド会社の判断になります。

旅行で来られている方は時間が限られていますので、ツアー開催確率が高いのは有難いですよね!!

二つ目には、水や雨の美しさがとても素晴らしいです。

水や雨の美しさについてですが、屋久島は島全体の中心部が超巨大な花崗岩という一枚岩でできています。

また、地形が急峻で「ひと月に35日雨が降る」と言われているくらい雨量がとても豊富な島です。

その雨の影響によって、土砂はどんどんと海へと流されるため、島全体に岩が剥き出しになっているところがあったり、また樹木が覆われた森であっても非常に土壌が薄くなっています。

そのため屋久島の森には保水する力があまりなく、また非常に養分の乏しい森となっています。

土が少ない(養分が乏しい)⇒雨の多くが剝き出しの岩の表面を流れ落ちる⇒さらに地形が急峻なために、川は少ない地中のカルシウムやマグネシウムなどをあまり溶かすことなく一気に流れていく⇒川に養分があまり溜まらない(川魚が少ない)⇒しかし、養分が乏しい分、川がとても綺麗で澄んでいる

※また、苔がフィルターの役割を担って水をさらにきれいにしてくれているようです!

屋久島おすすめカヌーカヤック

またこちらの写真のように、雨だからこその幻想的な絶景も!!

まるで水墨画の世界です。

また、汽水域ならではの水面の上を走る雨粒にも注目してみてください。

きっと、あなたに不思議な光景を見せてくれることでしょう♪

雨だからと言って、落ち込まなくてもいいんです!

※ちなみに屋久島は、カヤックツアーとして有名な「奈良吉野川」、「四国吉野川」、「埼玉長瀞」などのように、急流・激流を楽しむようなツアーというよりは、基本的にはゆったりと自然を満喫するツアーがメインとなります。

そして三つ目には、屋久島時間を五感で味わう感動を。

カヤックを漕ぎながら、周りの美しい森や水面に反射する景色、川のせせらぎ、鳥の声、雲の流れなど、普段なかなか味わうことのできないゆったりとした時間をぜひ体験してみてください。

なんだかとてもスッキリと不思議な気持ちになれると思います。

ガイドツアーに参加すると安心・安全・楽ちん!

万が一に備え、ツアー参加の場合は安全第一のため救命胴衣(ライフジャケット)は必ず着用させていただきます!

また、当社ではお子様用のライフジャケットも取り揃えておりますので、どうぞご安心ください。

ツアーを遂行する場所では、落石ポイントなどがいくつかあるため、ガイドさんが注意喚起することもあります。

ひょっとすると知らない間に安全な方へと誘導してくれているかもしれません。

また自然の中ですので、たまに大雨による増水や、汽水域(河川の淡水と海の海水が混じりあった場所)での潮の満ち引きなどで生じる流れ、強風のときもあります。

ガイドツアーに参加の場合は、ガイドさんが先導して流れの弱い場所を選択しながら進んでいくこともあるので、非常に安心で安全ですよ♪

さらにガイドさんによっては、漕ぐことが厳しくなったお客さんや写真撮影などに専念したいお客さんのカヤックを繋いでロープで引っ張ってくれることもあります。

また、屋久島のガイドさんはエスケープルート(避難ルート)をいくつか把握しているので、非常時にもとても安心ですよ。

ぜひガイドツアーに参加することをオススメ致します!

そもそもカヌーとカヤックって何が違うの?

屋久島おすすめカヌーカヤック

お客様の質問で多いのがカヌーとカヤックって何が違うの?です。

では、その違いを簡単にご説明します。

広い意味ではすべてカヌーですが、その中で特にダブルブレードパドルを使って漕ぐものをカヤック、シングルブレードパドルを使って漕ぐものをカヌーということが多いです。

※ダブルブレード=水かきが両先端にあるもの

※シングルブレード=水かきが先端片側だけにあるもの

また、当社「島あそび」のカヤック艇はすべて「シット・オン・トップ・カヤック」(上記写真のカヤック)でパドルはダブルブレードですので、初心者の方やお子様にも非常に扱いやすいです。

ズバリ!「シット・オン・トップ・カヤック」のメリットは!!
①乗り降りがとても楽ちん!
※万が一転覆したときにも、すぐに乗り込めます。
②カヤック本体が軽いため初心者にとっては操作性も良いです。
※重量に関しては、メーカーやサイズなどによってさまざまです。
③乗る位置を変えることで寝そべることもできます(笑)

リバーカヤックをする時の服装は?

 今までカヤックを漕いだことのない方にとっては、どのような格好や服装でガイドツアーに参加したらよいのか不安な方も多いのではないでしょうか??

屋久島ガイド島あそびガイドツアーでは、下記の写真のようなスタイルでお客様に参加していただいております。

濡れても大丈夫な登山の服装、または水着(ラッシュガードなど)がオススメです。

※動きやすくて、乾きやすい、日焼け・紫外線防止のためにあまりお肌がでないなど

カヤック装備は一式無料レンタルしているので、事前に準備するものはほとんどありません!

ズバリ!!ツアー参加者は濡れてもよい服装で来てもらうだけで大丈夫です!!

もっと詳しく季節や天候と服装について知りたい方はこちらをご覧ください。
 ↓  ↓  ↓
屋久島の登山と水系ツアーの服装と季節・天候について
カヤックツアー 安房川

無料レンタル装備

・ライフジャケット
 万が一、水中に落ちても確実な浮力を得られ、泳げなくても浮かんでいられるのがライフジャケットの特徴です。

※水上にいる際は、「暑い」「潜れない」などの理由で許可なく勝手に前のチャックを外さないようにしてくださいね。

事故の原因になっちゃいますので。

・沢靴(渓流タビ)
※暑い時期なら自前のクロックスやサンダルなどで参加していただいても大丈夫!

・パドル
 こちらを使って漕いで進みます。

装備 服装 沢登り

その他、寒い時期にはウエットスーツを無料で貸出しているので安心して参加できますよ~(^^♪

 それでは、実際にどんな川でリバーカヤックするのか見て行きましょう。

リバーカヤックに適している三つの川

屋久島カヌーカヤック安房川

 リバーカヤックは、屋久島の代表的な川である「安房川」「宮之浦川」「栗生川」で一年中体験できます。

リバーカヤックツアーは基本的には半日ツアー(Halfday)ですが、当社では他のツアーとの組み合わせで一日ツアーにすることもできます!

他の半日ツアーの種類は?
沢登り、SUP、シュノーケリング、秘境、洞窟探検、白谷雲水峡、ヤクスギランド、西部林道など

安房川

屋久島カヌーカヤック安房川

 カヤックツアーの中で一番人気の場所は、島の東側の安房港へ流れる「安房川」です。

屋久島一流域面積が広い川で、途中に川の放流口の流れ込みや、左右に迫ってくるようなV字渓谷、休憩するにはもってこいの中州、高さ約70mの位置には松峰大橋が架かっていたりと変化に富んだ川になっています。

また、ゆったり半日遊ぶには距離もちょうど良く、リバーカヤックには最適の場所と言えるかもしれません。

屋久島の自然が広がる水と森が溶け込んだ世界をぜひ体験してみてください。

宮之浦川

屋久島カヌーカヤック安房川

 屋久島の交通、観光の主要地、宮之浦地区を流れる宮之浦川です。

宮之浦川と言えば、沢屋の憧れ「日本百名谷」の一つでもあります。

宮之浦の街を眺めながらが半分、残り半分は自然の中をまったりと進みます。

白谷雲水峡の白谷川と繋がっている川なので、驚くほどの透明度と美しさです。

それもあって、屋久島の飲料水「縄文水」の工場も近くにあります。

また奥に進むにつれてとても静かになるので、じっくりと自然と向き合うことができます。

都会の喧騒から離れて、静かにゆったり過ごしたい方にはもってこいの場所だといえるかもしれません。

島入り時間や離島時間、宿や移動時間などを考慮して、ここでツアーをすることもあります。

栗生川

屋久島カヌーカヤック安房川

 屋久島南西部にある栗生集落に流れる「栗生川」は、スタート地点の汽水域で海の魚を見ることができ、そこから少し進むと、屋久島近辺が北限のマングローブ植物「メヒルギ」の自生地があります。

スタート地点近くにはトイレ・シャワー設備(協力金制)もあるので、ツアー終了時にサッとシャワーで海水を落とせるのも利便のいい所ですね。

さらに他のツアーと組み合わせて一日ツアーにすることで、SUPで遊んだり、サンゴの豊富な海でシュノーケリングしたり、少し移動して沢登りや秘境巡りをしたりもできます。
(一日のツアーで2種類までとなります。)

また栗生川周辺には、屋久島青少年旅行村というキャンプ場や、塚崎タイドプールという潮だまりに取り残されたお魚の鑑賞ポイント、お昼御飯を食べるのに最適な東屋や軽食カフェ「CAFE LA PONTO」、「手打ちそば 松竹」などもあります。

もちろんキャンプ場に泊まっている方でも、ツアーを申し込んで楽しむことができます。

その際は、ガイドが装備一式を持ってキャンプ場に尋ねに行きます♪

キャンプ場をベースとして、いろいろ遊んでみるのもオススメですよ!

ただし、翌日にトレッキングや登山をお考えの方は移動にとても時間がかかりますのでご注意ください。
(およそ車で、尾之間まで20分、安房まで40分、宮之浦まで1時間以上かかります。)

屋久島青少年旅行村についてはこちらをクリック!

屋久島青少年旅行村キャンプ場の楽しみ方!
①湯泊温泉や平内海中温泉に入浴しに行く
(平内海中温泉の場合は干潮時間を調べておきましょう。)
②ウミガメの産卵や孵化の時期には栗生海水浴場へ
(事前予約が必要です。)
③栗生集落に小さなスーパーマーケット山下商店があります。
(閉店時間が早いのでご注意を。)
④夜、明かりから離れると星空が凄いです。
⑤観光地「大川の滝」が近いです。
⑥旅人同士の交流など
※夜は路線バスが走っていませんので、レンタカーやマイカーが必要です!
※また日没後に移動を考えている方は、屋久島は街灯がとても少ないので事前に場所を確認しておきましょう。暗くて目的地にたどり着けなかったという話をよく耳にします。

まとめ

屋久島カヌーカヤック安房川

 今回は皆さんに「おすすめのリバーカヤック」のご紹介をさせていただきましたが、いかかでしたでしょうか?

リバーカヤックのガイドツアーは、カヤックに乗るだけなら3時間程なので、初心者の方はもちろんのこと、お子様連れの方やご年配の方でも参加しやすいと思います。

漕ぎが全然うまくいかない方や泳げない方でも大丈夫!

ガイドが誠意をもってサポート致しますのでご安心ください。

屋久島旅行を考えられている方は、この機会に是非、水遊びにチャレンジしてみてくださいね!!

一泊縄文杉ガイドツアー
(左:ゲスト 右:わたし)

メディアなどで見た縄文杉に会うために屋久島に行くことを計画中の皆さん。

実際にガイドブックやインターネットで縄文杉について調べていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

縄文杉登山で一泊を考えている方に、山で泊まる事が初めての方も安心できるように、僕がお客さんに聞かれたちょっと気になる不安な点についてまとめてみました。

良ければ読んでみて下さいね。

皆さんの登山計画の参考になれば幸いです(^^)/

荒川登山口ってどんな場所?(自動販売機ありません)

荒川登山口
縄文杉トレッキング開始の玄関口とも言える荒川登山口ですが、どのような場所なのかをはじめにお伝えします。

荒川登山口は、屋久杉自然館駐車場にあるバス停からシャトルバス移動(約35分)で、標高およそ600mの位置まで登ってきたところにあります。

因みに、荒川登山口まではシャトルバスもしくはタクシーでしか行けません。(3月1日~11月30日までの間)


日々の荒川登山バス運行状況についてはこちらをご参考ください!(公式twitterより)


荒川登山口に到着すると目の前に待合所がありますので、雨の場合などは中で持ち込んだ朝食を食べたり、雨具を着たりできます。
※待合所の中(正面向かって左側)に小さな更衣室もあります。

ただし混雑することが多いため、予め天気が悪そうな場合は事前に雨具は着ておいた方が良いかもしれません。

因みにゲストから聞かれることがありますが、ゴミ捨て場や自動販売機などは一切ありませんのでご注意を!

また、待合所の隣にある建物(正面向かって左側が女性トイレ、向かって右側が男性トイレ)に既設トイレがありますので、出発前に行っておきましょう!

シーズン中は、ここのトイレがすぐに大混雑することもありますので、タイミングを見て早めに行っておきましょう。

※因みに、待合所と女性トイレの間に「使用済み携帯トイレの回収箱」が設置してあります。

登山届について

ガイドツアー参加の場合は登山届を出す必要はありませんが、ガイドなしで登られる場合は、必ず提出してくださいね。

登山届を出すことで、万が一事故や遭難になった場合にスムーズな捜索活動へとつながりますので、非常に重要です。

ガイドツアーの場合は、ガイド同士の連携や無線機などで対応を行うため、登山届は不要としています。

因みに登山届はネットで申し込むこともできます。
↓  ↓  ↓
オンラインにて登山届を出す方はこちらをクリック!

山のトイレ事情

登山計画の中で、無視できないのが山中でのトイレ事情。

そこで既設トイレ、携帯トイレブース、使用済み携帯トイレ回収箱の場所を把握しておいて下さい。

携帯トイレブースと回収箱の設置箇所

出典:https://www.env.go.jp/park/yakushima/ywhcc/tozan/keitait.htm

既設トイレの場所(荒川登山口から往復の場合)

・荒川登山口
・「楠川分かれ」から3分程奥にあるバイオトイレ
・トロッコ道終点
・高塚小屋
・新高塚小屋
の五か所です。

トロッコ道終点  高塚小屋
左:トロッコ道終点のトイレ  右:高塚避難小屋近くのトイレ

山のトイレにゴミは捨てないでください。
(トイレットペーパーは基本持ち込みで宜しくお願いします。)

ゴミや生理用品、残飯や食事などで出た汁などは絶対に捨てないでください!

また重たいからといって使用済みの携帯トイレ&中身をここで捨てずに、必ず持ち帰ってください!!
(高塚小屋にあるトイレ周辺でよく捨ててあるのを見かけます。)

※販売店などで、お客様が購入の際には一言「使用済み携帯トイレ回収箱の場所の説明や持ち帰り厳守についての説明」などがあってもよいかもしれませんね。
※また、トイレに携帯電話を落としちゃう方もいるので、ご注意を。

夜は、小屋と同じく真っ暗なのでヘッドランプなどの照明器具が必要です。

明るいうちに場所など確認しておくといいですよ。

携帯トイレブースの場所(荒川登山口から往復の場合)

携帯トイレは、登山用品店、観光案内所、土産物店などで購入できます。

一個入り(500円)、二個入り(700円)があり二個入りの方がお得ですが余った場合、返金できないので使わなかった時は旅の思い出に持って帰って下さい(^^)/。

※用を足した後、使用したティッシュやトイレットペーパーは、必ずゴミとして持ち帰りましょう!

 
出典:環境省屋久島自然保護官事務所

テントブース

小杉谷小中学校跡地・翁杉・大王杉手前・高塚避難小屋
(3月~11月まで設置)

場所がわからない方は、近くにいるガイドさんに聞いてみましょう。

木造ブース

大王杉から1分程登ったところ・新高塚避難小屋

使用済み携帯トイレの回収箱

荒川登山口・屋久杉自然館前

携帯トイレは何個必要?

よく聞かれるこの質問。

こればっかりは、登山される方の体調やトイレの頻度によるので答えづらいのですが、あくまで普通の体調でトレッキングされる方に当てはめた場合で回答します(;^ω^)。

シーズンにもよるのですが、既設トイレの混雑が予想される時は二つ程持っていき、繁忙以外のシーズンでしたら一つお守りに持っていくと安心できるのではないでしょうか?

※停電や故障などで既設トイレが使えない場合もありますので、心配な方は事前に観光協会などで確認しておきましょう。
↓  ↓  ↓
屋久島観光協会ホームページ

携帯トイレの使用手順についてはこちら!
↓  ↓  ↓
屋久島世界遺産センター

「し尿」運びについて

し尿 汲み取り し尿 担ぎ

高塚避難小屋、新高塚避難小屋にある溜め込み式トイレの「し尿」が溜まってくると、定期的に汲み出しをして、人力でトロッコ道まで降ろしてくれる方々がいらっしゃいます。

この方々のためにも次に利用する方々のためにも、できるだけトイレを綺麗に利用し、ルールをきっちりと守りましょう!

因みに、自分も一度この「し尿」運びをした経験がありますが、本当にめちゃくちゃ重たいです!

容器ひとつが20kg程で、それを1人2つずつ運んでいます。

計40kg以上!ドヒャ~!!

ケガのリスクをものともしない作業員の方へ敬意を払いたくなりますよ。

もし、作業員が「し尿」を運んでいるのを見かけたときには、登り下り関係なく、できるだけ道を譲ってあげてくださいね。

宜しくお願いします。

 

トロッコ道まで降ろした「し尿」は、トロッコに積みます。

運のいい方は、このトロッコを見ることができるかもしれません!!

ただし、作業の邪魔にならないようにお気をつけください。

山のタバコ事情

縄文杉登山道のルートは人気が高く、多くの観光客の方でにぎわっています。

一方で、屋久島観光協会に「自然を満喫しに来たのに、たばこのにおいが残念」といった苦情が寄せられたため、対策協議会で禁煙に対するルールが決められました。

環境省や鹿児島県などでつくる「屋久島山岳部利用対策協議会」は2012年5月26日までに、世界自然遺産:屋久島(同県屋久島町)の「縄文杉」への登山道について、原則禁煙とする自主ルールを定めましたが、それと同時に喫煙スペースも設けました。

荒川登山口から縄文杉までの喫煙スペース4か所(看板無し)

※喫煙される方は、携帯灰皿の持参や周囲へ配慮するようお願いします。

・荒川登山口にある男性トイレの裏側
・小杉谷集落跡地近くにある小杉谷休憩舎の裏側奥
・トロッコ道終点にあるトイレ横
・高塚避難小屋周辺

もちろんバイオトイレ、縄文杉、ウィルソン株周辺では絶対に吸わないようにしてください。

ルール違反があればガイドらが注意喚起していきます。
(足が止まる場所なので、ついつい吸いたくなるのかもしれませんが、吸える場所まで我慢して下さい。)

山の中で携帯電話は使えるの?(荒川登山口往復ルート)

下記写真ポイントでは電波をそれなりに拾いますが、それ以外の場所では基本的に繋がりませんので、ご注意ください。

また、屋久島ではdocomo(ドコモ)が一番電波を拾いやすいと言われています。
※お使いのメディアによって、電波の入り具合はバラバラです。

それでは、携帯の電波を拾えるスポットをご紹介します。

荒川登山口
荒川登山口

一泊二日 縄文杉ツアー
縄文杉デッキ

高塚小屋テントデッキ
高塚小屋テントデッキ

この3か所以外にも電波を拾える場所も少しだけあるのですが、プツプツ切れたりするので歯がゆい思いをします(;^ω^)。

ちなみに荒川登山口は2016年6月から使えるようになり、僕たちガイドもとても便利になったと喜びました。

縄文杉コースの無人小屋(高塚小屋・新高塚小屋)/ テント泊

屋久島にある小屋は食事や寝具が用意されている一般的な山小屋とは異なり、島内にある全ての山小屋が避難小屋です。

山小屋管理人も不在で宿泊の予約などもありませんが、無料で使うことができます。

ただし、小屋は先着順となっています。

ですので、小屋がすでに人で一杯の場合には、必然的にテント泊となりますのでご注意ください。
※つまりテントを持ってきていない場合は、早めに小屋に入って場所を確保する必要があります。

高塚小屋(レモンガス小屋)

2013年にレモンガス鹿児島の社長、赤津慎太郎氏が個人の寄付で建て替えられました。

小屋内はガラスコーティングされた紙管の間をシリコンで埋めているので、わりと明るめです。

 

出典:屋久島高塚小屋改築プロジェクト

建築構造:ガラスコーティング紙管、收容人數:20名、標高1,330m
水場は小屋から10分程離れた縄文杉の近くになります。
汲み取り式トイレ1基、携帯トイレ簡易テント1基、テント用デッキ有

縦走登山(宮之浦岳を越えてきて)の方の宿泊もありますが、縄文杉1泊登山などで利用される事が多い小屋です。

縄文杉から10分程度の場所にあるので、朝日を浴びた縄文杉を見るのにおすすめです。

収容人数が少ない小屋なので、早めに高塚小屋に着く自信のない人はテントを持って行って下さいね。

新高塚小屋

1992年に建てられた無人小屋です。

屋久島新高塚小屋縦走で利用が多い

出典:https://www.realwave-corp.com/08climbing/03/index.htm

建築構造:木造、收容人數:40名、標高1,460m
水場は小屋から程近く、汲み取り式トイレ1基、TSSトイレ2基、携帯トイレブース2基、テント用デッキ有

淀川登山口から宮之浦岳を越えて縄文杉や白谷雲水峡に抜ける屋久島縦走の人気ルートで一番利用されている避難小屋です。

テント泊の場合

テント泊 テント泊

高塚小屋、新高塚小屋の周辺にはテントを張るスペースがあります。
※スペースと言っても、ただの整地されている場所のことです。

張るスペースにも限りがあるため、ハイシーズン時は暗くなる前には到着しておきましょう。

ただ上記でもお伝えしましたが、荒川登山口往復ルートだと必然的に高塚小屋、もしくはその周辺にあるテント場に泊まるのが一般的です。

そもそもガイドツアー客以外の方で、荒川登山口往復ルートの登山者は基本的にはいませんが、、。

山で一泊する時の注意点

ネズミから食料を守れ!

ヒメネズミ

小屋内にはヒメネズミが出没するため、食料やゴミ類はザックにしまうか吊り下げて寝ましょう。

ただ、たまにザックごと中の食料を食べられている方もいるので、僕は紐に吊り下げるほうをお勧めします(^^)/。

ネズミ対策

僕の奥さんは、ザックのサイドポケットに魚肉ソーセージを入れてましたが、ポケットごと食い破られてました( ;∀;)。

テント泊の場合は、テント内に食料やごみを入れておけば基本的に大丈夫です。

外にだしておくとネズミの餌食になりますので気を付けて下さいね。

暗くなる前に水場とトイレの場所の再確認!
~行きはよいよい帰りは怖い~

明るい時間帯は誰も迷わないんですが、真っ暗な深夜から早朝にかけての間は気を付けて下さい。「すぐそこだから、大丈夫!」と言って15分たっても戻って来られない方がたまにいます。

特に、夜中のトイレは寝起きまなこで意識もぼんやりしている状態で、ヘッドライトの光量だけを頼りに歩くので、トイレまでは行けても帰り道がわからなくなった、という方が意外といらっしゃるんですよ。

明るい時間帯か意識がはっきりしている時に、場所の確認はしておきましょう!

出立時、持ってきたものは必ず持って帰る!

ゴミは必ず持ち帰りましょう!

親切心なのか、余ったガス缶や飲み物や食べ物などを置いて帰る方がいらっしゃいます。

おそらく、自由に食べたり使ってくださいっていう意図で置いているんだろうなぁ~とは思いますが、、、。

いつ置いていったものなのか、飲みかけのものなのかどうかわからず怖くて手が出せません、、、。

結局ゴミになってしまうので、絶対にやめてくださいね~。

トレッキングの最中にリタイア出来ますか?

トロッコ道

これもたまに聞かれるんですが、登山初心者の方で体力にも自信のない方にとってはハードな山道です。

前半は殆どがトロッコ道ですが、距離も長いですし起伏もあります。

途中でリタイアする人も少なからずいます。

また、縄文杉ルートは日帰りと一泊でリタイアする時の状況も変わってきます。

ツアーに参加されている方で、身体や膝に違和感が出てきた場合は、自分で判断せずにまずはガイドさんにご相談下さい。

他の参加者や周りの方に迷惑がかかってしまうことを気にして黙っていると、後で大変なことになってしまうかも??
※少しでも早めに対処することが一番の軽減につながります。

また「縄文杉に会いに行きたい」と決めた日から、事前にしっかりと歩く&登るトレーニングをしましょう。
「昔はよく身体を動かしていたよ」「昔は山に登っていたよ」って方が個人的に一番リタイアの可能性大です(汗)。

普段から体を動かして歩くことに慣れていれば、そこまで不安になる事もないと思います。

せっかく屋久島に来たのですからリタイアせずに縄文杉に会いに行って、無事に帰りましょう(^^)/!

まとめ

一泊二日 縄文杉ツアー

縄文杉登山で一泊を考えている方に、山で泊まる事が初めての方でも安心できるように僕がお客さんに聞かれたちょっと気になる不安な点についてまとめてみましたが如何でしたでしょうか?

縄文杉一泊ツアーで参加される方も、全てをガイド任せにするのではなく自分でしっかり行程を見たり調べたりしてシュミレーションをしておくと、不安要素も少なくなってくると思います。

それでは、自然豊かな屋久島を是非楽しんで下さいね!

ツアーコース一覧

© 屋久島ガイド島あそび All Rights Reserved.